プラセンタ ImageFlower

プラセンタと輸血の関係について

2006年に厚生労働省は人由来のプラセンタ注射をした患者さんについて輸血を禁止する措置をとりこの成分と輸血との関係が急激にクローズアップされることとなりました。
これはヤコブ病の感染を防ぐための措置ということで、現実的には人由来のプラセンタで感染の事故がおきたということではありません。
実際、人由来のプラセンタに関しては医療現場ではかなりの領域ですでに利用されていることから献血ができない患者さんが増えていることは事実です。
また施術後20年間はカルテを保存することも義務づけれられているので予防対策としてはある意味で仕方ない状況なのかもしれません。
ただ、この商品の発売後40年を経過している今日でも1例も感染例をだしていないのが実績になっていることも事実でして、あくまでこの厚生労働省の措置は一時的に混乱を防止するためのものであると認識してかまわないと考えられます。
こうした血液をベースとした病気が起こるたびに同様の措置が今後もとられることが考えられますが、予防的な措置であることは間違いなく、大きく動揺するような問題ではないと考えられ、また研究が進むことでこうした措置が撤回される可能性も出てきている状況です。


さて、一般的に消費者が知りたいのは、こうした状況下でプラセンタが配合されている商品を飲用したり、化粧品としてつかったり、サプリメントとして服用して本当に大丈夫かという問題であろうと思います。
現在化粧品などで販売されているこの商品の殆どは豚由来のもので人間由来ではありません。
また化粧品の一部には植物由来の成分もつかわれているため、こうした輸血の禁止措置の対象にはなっていません。
まずはそのことをしっかり理解していただきたいと思います。
こうした商品の販売が禁止されていないのはこうした背景からで、人由来でなければ問題はないということです。
なかなか同じ名称の商品だけに正確に理解していくことが難しい状況ではありますが、製造元などにお問い合わせいただいても同様の回答がえられるはずですので安心してお使いいただいて結構だと思います。
とくにこの商品は効果・効能が年々広がる傾向にあり、ベネフィットのほうも毎年多くが発表されいるものです。
しかも医療機関では本格的に利用しているという環境でもありますので、少なくとも市販品で手にはいるものに関しては何の問題もなくこれからも継続的に利用していって構わないものでしょう。
こちらのサイトの、アンチエイジングに役立つプラセンタについての詳しい解説は特におすすめです。わかりやすいので、ご覧になってみてください。
 

Copyright(c) 2013 すばらしい効果! All Rights Reserved.