プラセンタ ImageFlower

プラセンタ注射を病院でうけて快適に

プラセンタとは、胎盤のことです。
胎盤には、赤ちゃんの生育に必要な非常にたくさんの栄養素が凝縮されています。
動物が生きていくために必要なたんぱく質・糖質・脂質の3大栄養素、ビタミンやミネラル、酵素などの様々な栄養素が胎盤には含まれています。
また、胎盤には、成長因子も含まれていることが様々な研究から明らかにされています。
この成長因子とは、細胞を刺激して細胞分裂を促すものです。
成長因子は、古い細胞をどんどん新しい細胞に生まれ変わらせ手、身体の新陳代謝を盛んにします。
母親のおなかの中の赤ちゃんの成長を促し、臓器を作り、免疫力を高めます。
生命の誕生に欠かすことのできない胎盤は、豊富な栄養素が含まれていることから、胎盤エキスは製剤化され、プラセンタエキスとして、美容の為また、治療のためと利用されています。
比較的手軽なプラセンタの摂取の仕方としては、ドリンクやサプリメントなどを利用されることをお勧めしますが、さらに効果的に胎盤の優れた効果を実感したい時には、注射や点滴などを病院やクリニックで行う方法もあります。
美容面だけの効果ばかりでなく、肩こりや疲労回復、アレルギー疾患の改善、またアトピー疾患の治療などにも利用されています。
こちらのサイトには抜け毛にプラセンタが効くと解説されていました。


病院やクリニックにおける治療・施術ですが、注射と点滴があります。
点滴は、アンプルを体内に取り入れる方法です。
点滴の場合は、他のビタミンやにんにくエキスなどの、カクテル点滴を用意しているところも少なくありません。
点滴にかかる時間は、20分から40分ほどで、1週間に1度とか、定期的に点滴を受けると、効果が期待できます。
注射は、アンプルを注射で体内に取り入れるものです。
肩こりや腰痛の治療の場合は、患部もしくは患部の近くに注射します。
アンチエイジングなどの美容面のための注射であれば、皮下注射をしたり、肝班などの治療の場合には、直接肝班に注射します。
注射の場合も定期的に注射をしてもらうと効果が期待できます。
このような病院での治療・施術は、即効性のあるものではないので、定期的に受けることで効果が得られます。
また、病院やクリニックで使用されているアンプルは安全性の高いもので副作用の報告などはないので安心して任せることができます。
保険の適用は、肝機能障害や更年期障害などの場合、医師が治療の必要があると判断された場合にはあります。
しかし、アンチエイジングや、健康増進のためには適用されないことが普通です。
前項にはプラセンタ注射や点滴を扱っているクリニックなどがたくさんあるので、いくつかのクリニックを比較検討して自分に合ったクリニックを探すことをお勧めします。
みなさんもプラセンタで美しくなりませんか。
 

Copyright(c) 2013 すばらしい効果! All Rights Reserved.