プラセンタ ImageFlower

プラセンタ注射の保険適用に関する注意事項

プラセンタ注射には健康保険が適用されるケースとそうでないケースがあります。
プラセンタ注射は美容効果が高いとされており、美肌や、アンチエイジングを真剣に考えている方もふえています。
ただし、このようなケースでは保険適用はされません。
美容効果を目的とした場合や、肩こり、腰痛の治療にブラセンタ注射を使用した場合、保険の適用は望めません。
このような事案は必ずしも生きるために必要なこととみなされないためです。
美容目的にプラセンタを使用される場合は全額自己負担になる事を覚悟しなければなりません。
また、このおすすめサイトではhttp://xn--z-tfum8g1dtc.com/プラセンタをうまく摂取する方法について解説されていました。
では、保険が適用されるケースはどのようなものかですが、主に肝炎、乳汁分泌不全、更年期障害、肝機能障害や肝硬変といった病気や疾患の治療の場合健康保険が適用になります。
治療を行う際はプラセンタ注射が保険適用になるかどうか専門の医師に相談し確認することが重要です。
また、保険が適用される注射剤を販売する販売する会社も限定されています、更年期障害や乳汁分泌不全の場合はメルスモン製薬会社が製造販売している「メルスモン」が使用されます。
肝機能障害においては株式会社日本生物製剤が製造販売する「ランエネック」となり、保険適用はこの2社のみとなります。
そのほかの病気や疾患については厚生労働省認可が下りていないのでたとえ治療目的であっても、同じプラセンタ注射であっても保険は適用されません。


健康保険の適応される注射は専門の医院やクリニックでなければ受けることができません。
また、診察の前、事前に相談して保険が適用されるかどうかどうか野判断も医師に任されます。
場合によっては適用されないケースも存在しますので必ず事前に確認することが必要になります。
健康保険の適応される注射剤、メルスモン製薬の「メルスモン」は主に更年期障害、乳汁分泌不全の治療に使用されます。
保険の適用が認可されてから45年、これまで一度も重大な副作用は報告されていないといいます。
1アンプル2ミリリットル中胎盤抽出物100ミリグラムが含有されています。
株式会社日本生物製剤の製造販売する「ランエネック」は肝機能障害において健康保険の適用が認可されています。
1アンプル2ミリリットル中、胎盤抽出物112ミリグラム含有されており、美容目的に多く利用されています。
これらの治療は一般的に自由診療となっているため医療機関によって料金がまちまちです。
おおよその相場は1回が数千円から1万円前後といったところです。
保険適用の場合はこれが数百円で受けられるようになります。
治療に使用されるケースでは1回だけの使用で終わりということは少なく、継続的に使用する必要があるため、費用面でも保険の適用は安心できるものになります。
まずは専門の医師に相談することが重要です。
このおすすめサイトの、プラセンタ配合の製品の効能と効果のページも興味深い解説です。
 

Copyright(c) 2013 すばらしい効果! All Rights Reserved.